惑星と月

天体衝突 | Celestial Collision

天体衝突は過去から現在において、我々の太陽系において普遍的に起きています。その規模は星の歴史を大きく変えるようなものから、ミクロンサイズのものまで大小様々です。我々の地球を例に挙げてみても、天体衝突は月の形成(ジャイアント・インパクト説)、生命の起源、恐竜の絶滅などに影響を与えたと考えられています。高速度で起きる天体衝突が及ぼす影響は、クレーターの形成、衝突下の高温・高圧状態が引き起こす物質変化、気体の発生など多岐に及びます。このような衝突現象を理解することは、太陽系の惑星や衛星、小惑星の進化を考える上で非常に重要です。我々の研究室は室内実験、探査、望遠鏡観測などの様々な切り口からこのテーマに挑み、謎を解明しようとしています。

impact.jpg

天体衝突の室内再現実験の連続写真。(右)真空中で弾丸を高速で標的に衝突させると、逆円錐形のイジェクタカーテンが形成され、その内側で隕石孔が掘削される。図では、イジェクタカーテンが成長していく様子が見えている。

tentaishototsu.jpg